新着情報!!

ご面会の皆様へ

当面の間、入所者様への面会を全面禁止といたします。

 日頃より当施設の運営につきましては、ご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 さて、新型コロナウイルス感染症に対して、施設でも従前より様々な対策を講じてまいりました。

 当施設では当面の間、面会を全面的に禁止することにいたします。あくまでも入所されております入所者様の安全を最優先させていただきますので何卒ご理解とご協力をお願い致します。

 

※なお、現在直接お会いしての面会は叶いませんが、その代わりとしてお手持ちのスマホやタブレット、PCを利用したオンラインでの面会方法や入所されている方へメッセージを送るお見舞いメールサービスをご準備しております。興味ある方は当ホームページ下段をご覧ください。


オンライン面会、やってます!

ダウンロード
Zoomの使い方マニュアルはこちらを参考にしてください。
zoomの使い方マニュアル.pdf
PDFファイル 1.2 MB

お見舞いメールサービスのご案内

当施設では、少しでもご家族様と利用者様の心の距離を近づける手段として、この度「お見舞いメールサービス」を開始しております。ご家族・ご友人からのお見舞いメールを専用フォームから入力、送信していただきます。施設では頂いたメールを印刷して入所者様に直接お届けいたします。詳細はこちらから。

その他の対応について

〇入所利用者様について

毎日の検温と健康観察を行います。新規入所者様及び短期入所者様については、入所前に検温、健康観察を実施します。

〇通所利用者様について

送迎車に乗車前に検温、健康観察を行います。37.5℃以上の発熱や呼吸器症状(咳、のどの痛み等)がある場合、利用をお断りすることがあります。

〇訪問看護・訪問リハビリ利用者様について

職員及び利用者様本人や同居する家族が発熱、呼吸器症状が無いことを確認の上、サービス提供します。

〇委託業者様について

施設内に立ち入る場合については、検温の上、健康観察し、異常がある場合には施設内への立ち入りを禁止ます。

〇職員について

出勤前に自宅で検温。施設に立ち入る前に再度検温し、37.5℃以上の発熱や呼吸器症状があった場合は、出勤停止とします。

ようこそ リハビリタウンくじへ

入所申し込みを希望される方へ

 日頃より施設運営にご支援ご協力いただきましてありがとうございます。

 入所サービスの申し込みをご希望される方へ、お願いがあります。それは施設へお越しいただく前に、必ずお電話にて事前のご相談をお願いします。その際、入所希望の理由や現在の状況等、大まかな事をお聞きいたします。その後、施設にお越しいただいて、ご説明、ご見学、ご利用対象者のご様子・状態などもう少し詳しい情報をお聞きしたいと思いますので、ご来所いただける日時の調整をさせていただきます。(ご自宅や入院中の病院・施設が遠方の場合は、お電話もしくは必要書類などを郵送し対応いたしますので、遠慮なくご相談下さい。)

 突然のご来設では、長時間お待たせしたり、相談対応しかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 施設見学の希望等についても事前にお電話をいただければ幸いです。   

 

 ※現在は施設見学は行っておりません。

※支援相談員が対応いたしますが、土曜、日曜、祝日はお休みを頂いております。

 皆様のご理解とご協力、宜しくお願い申し上げます。

ダウンロード
サービス利用申込書はこちらからダウンロードすることができます。
利用申込書ver3.3.2.pdf
PDFファイル 279.4 KB

利用申込書を事前にご記入・持参いただけると大変助かります(#^.^#)

医療法人 健生会

介護老人保健施設 リハビリタウンくじ

 

〒028-0014

岩手県久慈市旭町8-100-2

TEL 0194-53-0056

FAX 0194-52-8660


その人らしさを大切に―――。

 リハビリタウンくじは医療法人健生会が運営母体の介護老人保健施設です。白樺・琥珀・海女で有名な岩手県久慈市にあります。毎年秋にはくじ秋祭りが開催され、絢爛豪華な山車が市内を練り歩きます。県内外問わず大勢の人で賑わいます。また、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地となったことで知られ、夏の観光シーズンには多くの観光客で賑わっています。

 介護老人保健施設リハビリタウンくじは市内中心部にあり、近くには岩手県立久慈病院や久慈東高校、国の天然記念物に指定されている長泉寺の大公孫樹(大イチョウ)があります。

 この地元久慈市に密着した介護老人保健施設リハビリタウンくじですが、介護老人保健施設ってなに?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

介護老人保健施設とは

 介護老人保健施設は、病気が安定し、病院での治療や入院の必要はないが、家庭で過ごすには少し不安な心身の状態の方、また、医師による医学的管理の下、看護やリハビリテーション、介護、身の回りのお世話などを必要とされる方々にご利用していただく施設です。

 

 ご利用者の自立支援、家庭復帰という目標を実現するために、医師、看護職、介護職員、作業療法士、理学療法士、栄養士、介護支援専門員、支援相談員など、様々な職種がお互いの役割を理解し合い、それぞれの専門知識・技能を発揮して、一人ひとりの利用者様に関わっていきます。

老健って、何?(動画)

在宅復帰、在宅支援をおこなう老健施設の特徴をご紹介します。(11分)

ダウンロード
老健って、何?
roken_leaf_A4_safe.pdf
PDFファイル 3.5 MB
ダウンロード
老健の役割
2021102713395495.pdf
PDFファイル 4.9 MB